低身長だからこそ似合うテーラードジャケット!

低身長向けのテーラードジャケットを紹介しています。XSサイズのこだわりのテーラードジャケットです。低身長・小柄の悩み、ピッタリの服が見つからないという悩みの手助けになればと思います。


テーラードジャケットは、普段から、ちょっとしたフォーマルだったり
いろんなシーンで使うことのできるアイテムでということもあり、1つは持って置くと便利なものです。

低身長のお悩みは、テーラードジャケットのアウターはSサイズまでしかなく
着丈の問題などで、しっくり着こなせないことあるということです。

新中学1年生のように、制服に着られてる感のある残念な雰囲気になってしまっては、
おしゃれどころではなくなってしまいます。

ここでは、低身長向けのXSサイズ専門店で作られているテーラードジャケットを紹介したいと思います。


  色:ネイビー
サイズ:XSサイズ

・注目のポイント
①スタイルがよく見えるデザイン

 このテーラードジャケットを着用することで、スタイルがよく見えるようデザインされています。
低身長向けの絶妙な「60cmの着丈」に加え、ウエスト部分の絞りが若干上の位置にあります。
そうすることでボタンを留めるずに羽織るスタイルでYラインのシルエットになり、足が長く見える効果も加わります
また使われている生地や素材も◎暗めのネイビーに光沢感のある素材、パッと見ただけで良い服とわかるような存在感があります。


モデルさんは身長が166㎝の方で体重が49キロだそうですが、
「」のサイトです、160㎝で50キロの方が着用した写真も掲載されているので、低身長の自分がこのテーラードジャケットを羽織ったときのイメ―ジがわかりやすいです。


また、ポケットにも作り手のこだわりが詰まっていて、シルエットのこと素材のことなどを考えて
しつけ糸で縫い付けているそうです。そうすることで、シルエットが崩れたり、ポケットを使うことで起きやすい生地が伸びてしまう。ということを防げるというわけです。
ですがポケットはあって便利なもの。必要な方はしつけ糸を切ることで使えるようになっています。

ボタンにもこだわりがあって、水牛素材のもので品質の良ささらに引き立てるものを使い、
耐久性をアップさせるために裏側にボタンをもう1つつけるという方法をとっているそうです。

書きはじめると、終わらなくなってしまうほどのこだわりが詰め込まれている低身長向けのテーラードジャケットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする